忍者ブログ

美紀の健康生活

中国の精力剤,漢方薬,ダイエット,避妊中絶,美容コスメ,健康食品,漢方生活通販! 巨人倍増:http://www.巨人倍増.net曲美:http://www.曲美通販.com狼1号:http://www.狼一号.com 狼一号:http://www.狼一号.com
Prev | 2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | Next
俺にも聞こえる、電波が!
周囲の人々が奇妙な宗教団体に入っている。そこからの怖れ、そして電波攻撃への言及…
そしてここ数年での精神科病院への通院。これらを踏まえても実名報道を続ける、マスコミの流れに恐怖を感じる。私は精神疾患を抱えている人々と職場での日々をともにするが、このようなキーワードに満ちた中で、なぜ躊躇なく名前を出せるのか?
威哥王
久々にマスコミで加害者からの電波という言葉を聞く。1981年に都内で発生した、深川通り魔殺人事件で、覚せい剤を常用していた加害者Kも電波の影響を受けていた人物だった。しかし覚せい剤使用前から電波があったのか、使用してからなのか?そこは不明だ。ただ使用する前から幻聴幻覚にKが支配されていたことは明らかにされている。裁判の結果、Kは事件当時心神こう弱状態であったことが考慮され、無期懲役となる。そんな裁判で、傍聴席から傍聴人から叫ばれたという言葉が伝説となる。その言葉とは、「俺にも聞こえる、電波が!」というものだった。
五便宝
話は戻り、なぜ容疑者の名前を過去の状況を踏まえつつ、マスコミは容疑者の40歳の男を出してしまうのか。私が気にするのは、容疑者の男が精神疾患で判断能力が奪われているかどうか?という点よりも、社会の加害者への“応報感情”に後押されて、マスコミは右ならえで名前を出しているのではないか?という疑いだ。

後藤健二さんらへの自己責任論しかり、先日の川崎市の少年の殺害事件についても、彼らの背景や活動など広く紹介はせず、あくまで問題が起こった状況しか目を向けない。なぜ犯罪が、壮絶ないじめがあったのか?加害者側が暴力に走った原因は何か?そこがますます封じられ、殺害されたという結果や献花の場面、亡くなった少年の笑顔だけが紹介される。加害少年については、残酷な犯行と顔写真だけが明らかにされる。自業自得論や応報感情をあおることにしかマスコミは注力しない(そのほうが非難されることはないし、取材を深めずとも済む。クレームを受ける危険性がなく、営業面にも影響はない)。
PR
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
美紀
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ | [PR]

Material by Quartz